2009/07/12

マツダ車のイベント。。。

昨日マリーナホップにて往年のマツダ車の展示・デモ走行会がありました。



あの787Bも走ると云う事だったので私もちょいと観に行ってきました。

展示車両は、’68コスモスポーツ(マラソン・デ・ラルート仕様レプリカ)、’70RX500、787B(202号)、RX7(ナンたらレース仕様)の4台のオールロータリーです。
RX7はまぁ置いといて(スイマセン7ファンの方)、後の3台ですが、まずコスモスポーツはマツダのお膝元広島ではまぁたまに見かけます。よってそんなに珍しいクルマでもないかな?でもこのデ・ラルート仕様は耐久ラリー仕様でカッコ良かったですね。

お次は、かなりコアなマツダファンしか知らないであろうRX500です。これは’70東京モーターショウに出品されたコンセプトカーで当時時速200キロ走行を目指して作られたそうです。メチャクチャカッコ良いですねぇ現代でもそのまま使えそうなデザインです。ロゴマークなんてロータリーと日の丸を融合させた秀逸なデザインだと思います。デロリアンなんて目じゃナイほどっ前衛的でカッコ良いです。シビレマシタwww。

で、来場者の最大の注目は787Bのデモ走行だったのではないでしょうか。4ローターで700馬力のエンジンです。レシプロ換算だとV12の8000ccくらいのエンジンですからトンでもないマシンです。

でもこの787Bはあの’91年のル・マンで総合優勝をしたマシンではなく国内のレースに出場している同型車でした。。。残念。。。(優勝した55号車は耐久レース仕様の丸目4灯ライトですし、カラーリングもグリーンとオレンジが逆なんです)
それでも4ローターの同型車なのでエンジンは恐ろしい程レスポンス良く回っています(動画見てください)。
この車両が(55号車)’91年にル・マンを総合優勝した時にはマツダ本社前のマツダ病院の壁に大きな垂れ幕で「国内初の快挙!ル・マン総合優勝!」みたいなのが掛かっていたのを覚えています。そりゃ~大フィーバーでしたから向洋近辺はwww私もハタチの時にテレビを見ていてメチャクチャ感動したのを覚えています(前年覇者のシルクカットジャガーやザウバーメルセデスを押さえての優勝でしたからね)。
それにしても4ローターって・・・、前年’90年にユーノスコスモがトリプルローター(&ツインターボ)を搭載して出てきた時にも周りでは「ええぇ~トリプルローターって那智さん(よろしくメカドックのwww)しか作れんのんじゃなかったん」、「量産は不可能って話じゃなかったん」みたいな事を言っていてwww、その翌年の4ローターでしたからかなりインパクトがあったのを覚えています。今見てもホンとに夢のあるクルマですね。
昨日は、そんなクルマたちのお陰でいつもは閑古鳥が泣いているマリーナホップも大盛況って話でした(笑)。。。
video